家内の祖母の終活について

家内の祖母が3年前に85歳で亡くなりました。ほんと位に毅然としたかつ優しい女性で、死期を悟るにあたり、終活にもきちんと時間をさいて残されたものに対する配慮、心遣いも忘れることなく手配してくれました。その終活の内容についてご紹介したいとおもいます。
まず、大前提として祖母には家内の母親を含めて、3人の娘がおり、自分自身が住んでいたマンション、そして株式、預貯金の整理が必要でした。マンションに関しては家内の姉、株式は家内の母親、預貯金は3人の娘に均等と最初から決めていたようです。ここまではだれしもが考えうる当たり前の考え方であり、準備です。ちなみに家内の母の妹は資産家に嫁いでいるので一切お金の心配は必要ありませんでした。そして、祖母の終活に関してはここからがポイントになります。
まず、葬儀に関して。マンション近くの葬儀場でみなで泊まれる形で一晩、見送ってほしいという思いを託してなくなりました。とにかく、自分の死に際しては親族みんなで集まることで賑やかに見送ってほしいという強い思いがあったようです。次に広い人間関係です。本当にいろいろな趣味、人間関係があり、自分のしにあたり、きちんと一人一人手紙を書いて家内の母親に託していました。ちなみに家内の母親が一番祖母には近い存在でした。そね関係でわたしのこどもたち、いわゆるひ孫にも並々ならぬ愛情を注いでくれました。ほかにもひ孫がいて、それぞれに、手紙を書いてくれました。まだまだ字が読めぬメンバーもいますが。
ここまで、周到に手配していて方はこれまだ見たことはありません。もちろん、お金や不動産に関しても、もめないように相続弁護士に相談してきちんと遺言を遺してくれました。気遣いが本当に素晴らしいとしかいいようがありません。こうした祖母ですから葬儀にも本当に多くの方々がお見えになりました。もちろん、仕事も関係なくあくまでもお友達ばかりです。終活とはかくあるべきと勉強になりました。